スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お料理奮戦記・リクエストにお答えして・・・・

ピクルス液のレシピいっちゃいます。(笑)

ピクルス液と言っても、インスタントピクルス液でして、お酢を使っております。
本来は砂糖と乳酸により発酵させるところからスタートするそうです。

それでは、のぶ家のピクルス液レシピは・・・・

酢   300cc (お酢の種類はご自由にお楽しみください。わたくしは普通の酢と黒酢を半々にしました)
水   150cc (こだわりのある方は水の代りに数10%の白ワインを入れます)
砂糖  小さじ2杯から4杯くらいがいいのでは?
ローリエの葉(ホール) 2枚

黒胡椒(ホール) 10粒・・・・後入れ
タカの爪  1/2 コ (よく2個とか書いてあるけど、うちでは辛くてとても無理。)・・・・ 後入れ
その他、適当な香辛料

酢と水と砂糖とローリエをなべに入れて混ぜ、軽く沸騰させます。その後冷します。
容器に移し、後入れ香辛料を入れれば出来上がりです。

はっきり言いますと、全ての材料はお好みでご自由に加減してください。
ほんとにインスタントなので、全くルールはないと思います。(笑)
粉物の生地作りに比べたら、分量の比率なんてどんな風にも加減できます。
それでも一瓶1,000円近くする出来合いのピクルスより美味しいかもしれません。

ちなみにわたくしの家では、人参・きゅうり・セロリ・エシャロット・大根・パプリカ・たまねぎを漬けました。
わたくしが好きなのは、きゅうりとセロリと人参です。
大根は失敗しました(笑)多分生のままでいけると思うのですが、普通に湯通ししてしまったためちょっと柔らか仕上がりになってしまいました。

どうぞ、みなさんお試しください。




スポンサーサイト

初収穫の葉物

これが今回収穫した葉物です。
中身は青梗菜と小松菜。

100529 初収穫葉物


このお皿の倍以上の量の刈入れをしてきました。
取れたて野菜はシャキシャキしていて美味しかったです。

週末はピクルスつくりに精を出していました。
一回目、上々の出来だと思ったのですが、もも先生は酸っぱ過ぎと言っておりました。

でも、以前に赤坂のイングリッシュパブみたいなところで食べたピクルスも充分スッぱかったので、あまりすっぱ味を減らしたくないのですが、2作品目はピクルス液のお酢濃度を減らし、黒酢を使ってみました。

畑奮戦記

土曜日の朝は畑に行ってきました。
わたくしの畑も結構畑らしくなってきたのと同時に、小松菜と青梗菜が大きくなっていました。

100529_畑の葉物


その上、シゲ師匠がきゅうりの柵に網を掛けてくれてありました。

100529_きゅうり柵


「もしもし、シゲさん?今畑に来てるんだけど、きゅうりの網ありがとう。それと葉物の野菜が大きくなってるんで、収穫してっていいかなぁ?」

「あ、もしもし・・・今ねぇ、山中湖に来てるんだわ。仲間と泊りで麻雀大会」

あっ、そう?!じゃあ、適当に収穫しとくね!!」

「そーだね、それと、伸びてるつるは紐でしばっておいた方がいいなぁ」

「了解!!」

大勝にて無事のご帰還をお祈りいたします。(笑)

わたくしのトマトもかわいい実をつけましたよ。

100529_のぶのトマト

ちなみにフジタさんのトマトの柵と、鈴なりになっているトマトをご覧ください。

100529_フジタさんのトマト柵

100529_フジタさんのトマト

やはり、年季の違いがはっきり出ています。

では、また後ほど!!

この週末は、ピクルス作りに時間を費やしておりました。
これもまた後ほど!!




バイクのタイヤがパンク!!

3日前にタイヤの空気圧が少なくなっていることに気がつきました。
と言うか、もうちょっと以前からちょっと変な感じはしていたのです。

しかし、はっきり目視にて空気が減っていると気付いたのは3日前でした。
ビスが刺さっておりました。

タイヤビス刺さり

ちょっと暗くて判りにくいかも知れませんが、真ん中にキラッと光っているのがビスです。

タイヤは安全性に直結する箇所なので、今回は自分で修理せずバイク屋さんに頼みました。
しかし、インターネットで調べるとバイクの場合、スペアタイヤを持っているわけではないので、ツーリング中にパンクをした場合を想定し、自分で修理する方も多いそうです。

たしかに、ツーリング中にパンクをしたら大変だと思います。わたくしのバイクは270kg近くあるのでとても引いてバイク屋さんまで持っていく事など出来ません。

そこで今回、バイクに携行できるパンクリペアーキットも購入しておきました。



オブジェ

九州のいつもお世話になっている先生が、もも先生の衣装でとても気に入ってるのがあるそうでして・・・・・

同じものをご自分のサイズで作りたいので、実物を借りたいとの事でした。
お貸しした衣装と全く同じ衣装が出来上がったと連絡があり、写真も入っていました。
本当にウリ二つです。(笑)

ただ、もも先生のはシースルーのストレッチジョーゼット、クローンはその生地が見つからず普通のジョーゼットだそうです。

御礼に手作りオブジェを頂きました。
リーダーの先生の趣味だそうです。
そして、もも先生のイメージを頭に浮かべて作って下さったそうです。

古川オブジェ1

とても可愛いんですよ。とくにくるくる動く目が愛嬌たっぷりです。(笑)

古川オブジェ近景


食品衛生責任者

昨日は、お仕事をお休みしました。
で、何をやっていたかと言うと、食品衛生責任者の資格を取りに行ってきました。

朝9時半から午後4時半まで、昼の休憩を45分挟んでほぼみっちり講習を聞いてきました。

何でも東京都の食品責任者講習は、以前は2日間だったそうですが、近頃は1日になったそうです。
講習のみっちり度合いは、自動車免許の更新とはちょっと違いました。
何となくですが・・・・自動車免許の講習は予定時間より幾分早く終了する気がするのですが、そんな事はありませんでした。

そして・・・頂きました。食品衛生責任者手帳

食品衛生管理責任者手帳01

それとお店を出したときに掲げるプレート(講習料と別途代金を支払います。

食品管理責任者テキスト

これで、わたくしの『夢』のカフェオープンに一歩近づいたってところでしょうか・・・・???(笑)


畑奮戦記

イノシシが心配で今日も畑に行ってきました。

師匠のシゲさんに電話したら、いま市の方と相談しているそうです。
どうやら対策としては、柵を電線で張ってバッテリーを接続し電気を流すしかないそうです。
費用としては、100mの電線とバッテリー1個の基本セットで2万円くらいだそうです。
これにオプションで柵を飛び越えてしまう鹿対策用になると高さが倍位必要で費用も倍!!と言うことです。

検討の最大要因は、皆さんが趣味の農園でおのおのが畑に入るのでバッテリーのオン&オフ管理が大変だそうです。
人間が触れても当然ショックを喰らってしまうから、いつ切るいつ入れるのすり合わせ等が大変なのでしょう。

今日は、きゅうり用の柵つくりと茄子のコモはずしと、トマトの添え木を伸ばしてきました。
よーく見ると緑色の小さくて可愛いトマトが実をつけていました。

早速携帯で・・・・・・・家に忘れてきちゃいました。

それと、小松菜&青梗菜を初収穫です。
まだまだ小さいのですが、畑仲間の方から
「こんなに若い葉っぱは逆に、作ってる人じゃないと食べられないんだよ。売ってるのより相当葉がやわらかいと思うよ」
と励ましてもらいました。

携帯を忘れたので今日の写はありませんが、昨日撮った写真です。

わたくしのジャガイモです。黄色い花が所々に咲き始めました。
521_のぶのジャガイモの花

水田に鴨?が虫をついばみに(笑)ぷかぷかゆったり気持ちよさそうです。
521_水田の鴨

イノシシの足跡:解りにくいかも知れませんが、キレイに畝を上げた畑にぼこぼこと丸い足跡が・・・・
521_イノシシ足跡

それでは、また後ほど!!


畑奮戦記・イノシシ被害

今日は夕方に時間が出来たので、畑に行ってきました。

会の方が一人畑にいました。
ご挨拶をすると、また昨日イノシシが出たと教えてくれました。
わたくしの隣の畑の方のジャガイモが・・・・・

先週畑に行った時は他の人が羨む位に葉の茂ったた茎が育っていました。
ところが今日は、見るも無残な状態でした。
畝もぐちゃぐちゃ、葉もベタッとしな垂れていました。
周りには掘り起こされて、地上に出てきてしまったビー玉大のジャガイモがころころと・・・・

521_掘り返された畑




とても残念です。
地主さんが言うには、春先にイノシシが畑に出てくるなんてことは15年来なかったとのことです。

わたくしのジャガイモは、以前の襲撃で約3割がダメージを受けていますが、今回は難を逃れたようです。

他の作物はほぼ順調に生育してるように思われます。

カツオのたたき

昨日のわたくしの家の晩御飯のメインディッシュです。

カツオのたたき。(笑)

薄切りたまねぎを薄い塩水でさらし、その後、氷水にさらします。

色添えにサラダミックスものせ、さらにおろし生姜をたっぷり。
茗荷ものせました。

二人で食べるにはちょっと多かったです。(笑)

カツオのたたき01


お料理奮戦記・トルティーヤ編

さて、さて・・・・・

今までさんざん梃子摺っていたトルティーヤですが、何となく掴んだ気がします。
粉を練った時点で半分に割ってみて、中がパンの生地の様になっていなくてはいけないみたいです。

もう少し焼き時間を減らしたり、細かい加減はまだまだ必要ですが、とてもいい感じに出来上がりました。

今回、温野菜と冷菜、そして納豆と3種類のトルティーヤ巻きを作ってみました。

5月18日トルティーヤ1

5月18日トルティーヤ2



大腿筋 

昨日は、ダンス教師協会の指定講習会というものに行ってきました。
年に一度開催され、ダンスの先生が教師であるべき免許の更新のようなことをするのと同時に、ダンスの講習および時事ネタ等の講義を聞く会に行ってきました。

一つは食品についてのいろいろ、もうひとつは社交ダンスに関するいろいろでした。
食品に関しては面白かったのは、特保というものに指定されている食品についてのあれこれ。
もう一つはサプリメントや健康補助食品とよばれているものについてです。
中でも特に興味を持った話題は、健康補助食品というものに対してです。

あれについての効能と言うのは一切裏づけするデータはないそうです。
仮にもし本当に聞くのであれば、薬として医薬品と言う分類になるそうです。そういえばそうですよね。(笑)
話題のヒアルロン酸やコラーゲン、コエンザイムなど口経摂取による効果などは全く状況が不明だそうです。

芸能人が「これを飲み始めて3年、体の調子がどんどんよくなるんです」などのコマーシャルのシーンで隅の方に小さく、《あくまでこれは個人的感想で個人によって使用感は異なります》などと書いてありますもんね。(笑)

第一時限めの講習は大体こんな内容でした。

お料理奮戦記・(ピザ 辛口評論家編)

先週は毎日のようにピッツァを作っておりました。
と言っても、生地の素を作ったのは一回のみで、焼く時に生地を伸ばして焼いております。

うちの麺打ち棒は100円均一の店で買ったものですが、とても小さいのです。
そして、軸を持って転がすと周りがころころと廻るようになっているのですが、何となく軸受けの金属が磨り減ってその金属粉が生地の上に削れて落ちてるみたいなのです。

近々、もう少しまともな麺打ち棒とクレープ用のトンボが欲しいと思っているところです。

先週の金曜日に作ったピッツァです。

蒸し鶏、コーン、パプリカのピザ

蒸し鶏、コーン、オレンジパプリカをトッピングしてみました。

実は、ご存じないかもしれませんが、わたくしには専属の評論家がおります。
今回のピッツァは、焼き具合も生地の伸ばし方も自分なりに満足のいくものでしたので、評論家の先生にお伺いをしてみました。

「う~ん、生地のモチっと感がないねぇ~  しかも、食べるたびにコーンがぽろぽろ落ちちゃって、生地とチーズとの絡みが全くないんだけど・・・・蒸し鶏とコーンって意味わかんない!!コーンといったらツナかマヨネーズでしょ????それぞれのトッピングに主張が感じられないんだよねぇ~・・・全く

「しゅっ・・・・主張ですかぁぁぁ~!!

そ、そ、そんなぁ・・・・ピッツァのトッピングに主張ぉ~
考えてもいませんでした。まぁ、畑に行って春の『黄色』が温か味を感じさせてくれたので、全体的に黄色の暖色でまとめようと思っただけです。

まだまだ料理奮戦記は続きます。with 辛口評論家。。。(笑)

今日作ったトルティーヤの生地の出来も、自分なりに高得点だと思います。


料理奮戦記・ピッツァ編

今日の朝ごはんもピザです。
生地の伸ばし方が日に日に上達しているような気がします。(笑)

さて、ブログにいつもコメントを下さる新米ままさんから、ピッツァソースについてご質問がありました。

わたくしのピッツァソースの作り方は・・・・・
生のトマトの下手側を約1cmくらいまで輪切りにします。
これを醤油皿にのせてカレー用のスプーンで押しつぶし、グニョグニョにします。
結構丁寧に押しつぶすと皮が剥がれますので、その皮を取り除きます。取り除いた皮は、わたくしの場合はお口の中にポイします。(笑)
それにトマトケチャップを、先ほど使ったカレースプーン山盛り一杯混ぜて出来上がりです。

あまりたくさんケチャップを入れると、甘くなりすぎるので注意してください。

で、今朝のピッツァはこんな感じです。

5月14日の朝ピザ

トマトとコーンをたくさん盛り付けてみました。
アルミホイルがあると、うちで作った感が強くなるのですが、面倒くさいのでそのままです。(笑)

実は、昨日はゴルゴンゾーラとはちみつのピッツァを作ろうと思ったのですが、ゴルゴンゾーラチーズが異常に高価なので急遽中止いたしました。


お料理奮戦記

昨日、生徒さんから生イーストをいただきました。
生イーストと言うものを今まで見た事もありませんでした。

袋を開けてみると・・・・・・
『うおっ!!』
なんと言えばいいんでしょうか・・・・・(笑)

すっぱい臭です。(笑)チーズのような、納豆のような、足の裏のような・・・・・なはは

早速、これを使った生地作りに挑戦です。
ピザ生地を作る事にいたしました。

インターネットでレシピ集の検索をしてみましたが、ドライイーストと言うのはたくさんレシピが載っている割に生イーストについては余りありません。
その違いから検索です。

たまたまヨガの練習に行ったら、帰りの方向の同じYUKAさんのお義兄さんがパン屋さんとの事で、お義兄さんに聞いてメールをくれました。

YUKAさんのアドバイスと、インターネットのレシピを参考に作ってみました。

自家製ピザ1号

材料は・・・・
強力粉  300g
薄力粉  300g
ぬるま湯 300cc
オリーブオイル 小さじ 1
塩 小さじ 1/2
生イースト 30g

ここでのポイントは、のぶ換算率を使います。
インスタントドライイースト 1に対しドライイースト1.5、生イースト3です。
仮にレシピに、インスタントドライイースト5gと書いてあったらドライイーストなら7.5g、生イーストなら15gを使います。
もしくは粉に対してインスタントドライ1.7%、ドライイースト2.5%、生イースト5%と考えてもいいと思います。

ピッツァベース1枚あたり、140g(薄め小径)~200g(厚め中径)が適量だと思います。

まだ生地が余っているので、今晩も明日の朝も食事はPIZZAです。(笑)





家庭菜園撃沈の危機

昨日の夕方、師匠のシゲさんから電話をもらいました。

畑にイノシシが出て、ジャガイモの苗を掘り返してしまったそうです。
わたくしの畑は約半分くらいがやられたとの連絡が入りました。

今日の朝畑に行ってみました。

悲惨な状況です
掘り返された苗をシゲ師匠が植えなおしておいてくれたそうですが、どうやらあまり期待できないということです。

写真から判るかどうか・・・・・手前が難を逃れた苗で、奥の二つは掘り返されてしまった苗です。
葉っぱの力がなくなってしまっています。
根っこから掘られて、ジャガイモが土の外に一回出てしまっているので、もううまく育たないそうです。

イノシシ被害 ジャガイモ苗


何でイノシシがジャガイモの苗を掘り返すのかと言うと、イノシシは畑の中にいるミミズを食べにきているのだそうです。ミミズは土中のジャガイモが出来ている所の傍にいるみたいです。
そのため、自分には用もないのにジャガイモを掘り返してしまうそうです。

ちっくしょぉぉ~!!イノシシめ!!

通常はこの時期に、イノシシが人里まで降りてくる事は稀だそうです。
これにはいろいろと生態系のスパイラルがあるのだと、今日お会いしたプロの農家の方が言っておりました。

これについては、またいづれ

料理奮戦記

もも先生が好きなのは、デザートクレープです。

中にアイス、外側がチョコソースですと軽く2個は食べてくれます。(笑)

デザートチョコクレープ


あと、ピタパンと言うのも出来合いを買ってきて、中にサラダ類を入れてみました。

ピタパン

こちらは、皮が厚い割りに破れやすいのですが、なかなか美味しかったです。

今回、家で強力粉50%、薄力粉25%、コーン粉25%に再挑戦してみましたが、どうもコーン粉は難しいです。
次回、強力粉50%、薄力粉37.5%、コーン粉12.5%で挑戦してみます。

喉が渇く

いま、コーラとアイスを買いにコンビニまで行ってきました。

今日はやけに喉が渇くのです。
きっとインド料理屋さんでカレーを食べたからかもしれません。
夕方は山菜そばを食べたのですが、突然カレーが食べたくなり、夜はもも先生を無理やり誘ってカレーを食べに行きました。(笑)

インドのたまねぎのお漬物というのがとても辛くて・・・・そのせいかもしれません。

わたくしはシーフードカレー、もも先生はほうれん草とジャガイモのカレーというのを頼みました。
もも先生のカレーはほうれん草色というか、真緑のカレーです。

わたくし、今回気づいたのですが・・・・・
わたくしの場合、本格的なインドのカレーより日本に以前から存在する「カレーライス」なるものの方が好きかも知れません。(笑) 

選手会パーティー

昨日は、JPBDA東部総局選手会パーティーに行ってきました。

JPBDAというのは『ジャパン・プロフェッショナル・ボールルーム・ダンス・アソシエーション』の略で、わたくしが所属しているダンス協会の事です。
その協会の開催する競技会で活躍する選手たちの主催パーティーに出席しました。

100509_1710~01

わたくしはプロアマミックスコンペに生徒さんと参加いたしました。


100509_1711~01

この選手会のパーティーは、今年で開催2回目で、まだまだ規模も小さいのですがこれからどんどん発展していく事でしょう。皆さんハツラツと張り切って踊っていました。

わたくしの生徒さんも日頃の練習の成果を発揮すべく、果敢にミックスコンペに挑戦してくださいました。



び、び、び、びっくりしたぜぇ!!

1時からの生徒さんのレッスンを始めようと、ちょうど控え室でダンスシューズをはいている時、入り口のドアがカランカランと鳴り

「あの、すいません。もも先生かのぶ先生いますか?」

と聞き覚えはないのですが、張りのあるハツラツとした声がしました。
最初、宅配便か郵便の若者かとも思いましたが、それなら『のぶ先生』と言うわけがありません。
あわてて出てみると、そこには肩幅の広くデカい青年が立っていました。
腕を後ろに組んで、直立不動と言う感じで背筋を伸ばしております。

「と、と、と、と、と、とも ちゃん!!!!」

そうです。そこにはこのスタジオがオープンした12年前、キッズクラスに参加していた5歳の子供が立っていたのです。 (笑)

畑奮戦記

昨日も畑に行きました。

とても天気が良く、すぐに日焼けしそうです。(笑)

わたくしのバイクもとてもキラキラ見えました。

畑 バイク置き場


バイクを置かせていただいているお宅のつつじも、とてもキレイでした。

畑のつつじ


家庭菜園奮戦記

わたくしの家庭菜園がリニューアルです。

最初に植えてありました青梗菜ですが、うまく育ちませんでした。
そこで全部抜いて新たに茄子の苗木と、トマトの苗木を植えました。

最初に植えた青梗菜は、どうやら種を蒔いた時期が少し早すぎたようです。
そして4月末に霜が降りた事もあり、順調な発育とは行きませんでした。

今回茄子を植える場所は、シゲさんの耕運機をお借りして耕しました。
あっという間に耕せたので、畝作りまでの時間がとても短く済みました。

3週間くらい前に植えた小松菜もまずまず順調です。
5月5日畑1

5月5日畑5

5月5日畑2

5月5日畑3

5月5日畑4

前回より畑っぽくなりました。
ど素人丸出しですが、植えた苗の横に品種のタグも植えました。(笑)
プロの畑にこんなタグはないでしょうが、ここがど素人の畑のいいところです。(笑)

お料理奮戦記(トルティーヤ)

今回は、生地がうまく行きました。
この前はちょっとお休みと言っておりましたが、出来合いの生地をスーパーで買ってきて研究しました。
実はわたくし、ねちっこい性格です。あっ、みなさんご存知で・・・・(笑)
やっぱり完成品の実物を見るのと、ゼロからやるのでは相当労力に違いが出るという実感です。
思っていたほど生地は薄くなく、焼き加減ももっと全然ゆるい感じです。
たぶん、充分熱したフライパンで弱火焼きという風でしたのでその火加減で挑戦です。

今回の完成品は100%小麦粉のものでした。わたくしは1回目コーン粉100%、2回目コーン粉50%薄力粉50%、3回目コーン粉50%薄力粉25%強力粉25%で挑戦し、敗北に終わったので今回コーン粉25%薄力粉25%強力粉50%で挑みました。

結果 : こんな感じです。
見た目グッドです。ただ、まだ焼き過ぎのようで、ちょっとシットリ度合いに欠ける部分もあります。

トリティーヤ生地

盛り付けてみました。
ツナコーンサラダと炒め野菜をメインとしたトルティーヤと目玉焼きとレタス、チーズを載せたトルティーヤの2種類。

トルティーヤ盛り付け



奥多摩ツーリング

昨日は、奥多摩ツーリングに行ってきました。
まず、桧原村にある払沢(ほっさわ)の滝に寄りました。
ここは以前にも何回か来た事があります。
キレイなところです。

払沢1

払沢2

桧原村には滝がたくさんあるそうです。

払沢3

滝に行く途中の道から近くの山々撮ってみました。緑が深い!!

払沢4

滝の下流のせせらぎです。『桧原村の飲料水源ですので立ち小便禁止』と言う看板が近くにありました。
払沢5

結構たくさんの観光客がいました。

この日はなぜか人と話す機会が多く、横浜にお住まいで実家が近くにあるので自転車で来たと言うご夫婦、
スピリチュアルスポットめぐりの旅行と言うことで川崎から来たと言う二人組みの女性。
この二人組みの女性が、神戸(かのと)岩と言う、スピリチュルカウンセラーの江原さんおすすめの場所があるので行ってみてはとおっしゃっていたので、コーヒーを飲んだ後神戸岩に向かいました。

続く!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。