スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宮崎奮戦記・火山灰が心配編

わたくしは、九州には色々とお世話になっているダンス関係の先生がたくさんいらっしゃいます。
連日のようにニュースに取り上げられ、野球の春季キャンプにも影響が・・・・と言われている宮崎にもお世話になっている先生が・・・・・

数日前から気になっていました。
もも先生も同じ思いでして、今日、わたくしのほうからお電話を差し上げました。



のぶ「こんばんは、八王子の鈴木です」

Full River先生(以降F.R先生)「おや~、鈴木先生どーしたの?あっはは!!

のぶ『ん??とても明るい????』「あれ?お元気そうですね。最近ニュースで採り上げられてるので気になって、お元気でいらっしゃるかなと思いまして・・・・」

F.R先生「んんん~元気だよぉ。でも生徒さんが来ないのさぁ。あっはは!!」

のぶ「それはまた・・・・・?」『それにしても明るい!!

F.R先生「いやぁ、火山灰の影響でお日様が出ないから、もう氷点下よ!!こっちの人は、そんな気候に慣れてないから、もう四苦八苦でしょ!!それに道も灰が降って車も危ないしねぇ」

のぶ「大変ですねぇ」

F.R先生「うちのほうは、そう大変でもないよ。まぁ、こんな言い方したら被害の多い地域の方には申し訳ないけど、いやっははは!!」

のぶ「そうですか?それはよかった。と、言ったら失礼ですね。不幸中の幸いと言ったところですか?」
『それにしてもF.R先生、明るい!!??

F.R先生「いやぁ~はっは!!それにしても奇遇だねえ。よく鈴木先生のブログ見てて、おれもやろうと一念発起したのさぁ。それで最近、ブログの作成を始めた矢先の鈴木先生からの電話だもん!!

のぶ『あらま!?そう言う経緯で笑っていらっしゃったのか!?』「そうなんですか!!それはうれしい!!

F.R先生「うん、だって鈴木先生のブログに負けたくないもん!!あっはっは

のぶ『な!?なんのこっちゃ!?』「それは、それは・・・頑張ってください」



なにも出来ないわたくしですが、ニュースで見ている限りでは、宮崎の方々は相当大変そうに思えたので応援エールのつもりでお電話を差し上げたのですが、逆に元気を頂いた気分です。(笑)
話の所々で、近隣の被害の大きなところを気遣いながら言葉を選んでいらっしゃるF.R先生に、気配りと心の広さを感じながら、かげながら応援させていただきます。

今日の「おぬしやるな!!」は、宮崎のFull River先生ですね。

ん????それにしても・・・・・・
最近たまに「ブログ、よく見てるよぉ~」とお声を掛けていただくことがあります。

なのに・・・・・アクセス数は・・・・・・????
どーゆーことよ!!!???



スポンサーサイト

料理奮戦記・ハンドミキサー奮戦記

ちょい書きです。

今、ハンドミキサーの使い方の動画をチラッと見てたのですが、中には最初に卵と小麦粉を混ぜる段階で凄い方も・・・・・

まるでチェーンソーで木を切るときのように小麦粉の煙が立ち上がってる方も・・・・・

ま、人のことはあまり言えた立場ではありませんが・・・・・(笑)

料理奮戦記・兵器投入編

昨日は朝からほとんど家にいました。

そしてクレープ生地の試作です。(笑)
何でこんなに熱中するのい?と聞かれたら・・・・・

「ハイ!!先日電動ハンドミキサーを買ったからです」

単にこれだけの理由です(笑)

が!!!わたくし、昨晩電動ハンドミキサーというものを初めて使いました。

110130_1950_01.jpg


まず、一昨日のハナシですが・・・・・・・・・超悲惨でした。
あたり一面、小麦粉の粉嵐みたいになってしまいました。
ボールに生卵を割って入れ、ハンドミキサーで攪拌いたしました。スイッチを一番低速に設定し攪拌したのですが、この時に感じたのは、一番低速回転でもかなり回転速度が速いなぁという印象を持ちました。

そして、ふるいに掛けた小麦粉を投入、一番低回転で混ぜ合わせました。すると、小麦粉が「ぼあー」っと舞い上がり、床やわたくしのズボンに火山灰のごとく降りかかり、一瞬の驚き!!(笑)
「な、なんじゃぁこりゃ~???」(笑)
「そうかぁ、小麦粉の中心にミキサーを入れるとこうなるのか!?液体っぽいほうにミキサーを入れ、粉を徐々に取り込むように使用」
と独り言を言いながら、ひとつ勉強させていただきました。

更なる悲劇の訪れはこの後でした。
小麦粉を少しづつ混ぜ、生地の素がだいぶ硬くなってきたので、ボールの中に牛乳を入れ、一番低速スイッチオン。

   

牛乳と、牛乳と混ぜ合わさり柔らかくなった生地素が、ボールから四方八方に飛び散りました。焦ってスイッチを切ったのですが、後の祭り。
わたくしのシャツやズボン、床、壁、下に引いてあったヨガマット、テレビの台、すべてに大量の生地素が飛び散りました。(笑)

なぜそんなところで作業をしたかというと、取説が見やすいこと、そして何よりは適当なコンセントがわたくしの家の台所にはなく、空いてるコンセントがテレビのところにしかなかったことが原因です。

ミキサーの攪拌作業より、部屋の掃除に余分時間を多く費やしました。

まだまだ料理奮戦の旅と修行の日々は続きます。




おみやげ奮戦記・韓国の・・・・・

お土産を、ウェスタンカントリーダンスの先生からいただきました。

韓国お土産110128_1531_01

中身は、干し芋のような形のものでして・・・・・
紅蔘と言うのは、高級な高麗人参だそうで・・・・

と・・・・・とても苦い!!(笑)

料理奮戦記・大きなクレープ・・・・まだまだ先が長い編

おはようございます。昨日も40cmクレープに挑戦しました。

試行点は、生地の素を1日寝かしてみたことです。
時間を置くことでグルテンが発生し、程よい粘りと滑らかさが出るとの事でした。
結論的に言うと、なんか・・・・作ったばかりの生地の素とあまり変わらないような・・・・(笑)
あっ、見た目は少ししっとりしているようにも見えました。

人によってはグルテンの発生を嫌う方も・・・・

昨日の夜と今朝もいろいろ試行しましたが、それについては次回。(笑)

昨日作ったのは、ハム&レタス&トマト&きゅうりのベジクレープと、デザートクレープです。
どちらもわたくしの定番です。

今日のクレープ_1029_01

 ドレッシング掛けました。

今日のクレープ2110128_1037_01

デザートクレープです。

今日のクレープ3110128_1105_01



お料理奮戦記・40cmのクレープパン!!料理は科学???

40cmのクレープパン。
家庭で使うのはナカナカ手ごわいです。

クレープパンを買った時のレシピを見て、生地の素を作りました。
今までの材料を混ぜる順番と多少順序が違うのですが、生徒さんで料理店を営んでい方が以前「料理は科学」と言ってました。
順番や分量によって全然違うものができてしまうと言うことだそうです。
そこでレシピに従い、忠実にやってみました。

が・・・・・・レシピでは38cmのクレープに必要な素の量が75ccとの事。

わたくしは90ccのレードル(スーパーではなかな手に入りにくい大きなサイズです)を使っていますが、目一杯スクって伸ばしても38cmにはなりません。
何回も挑戦したのですが、その大きさまで伸ばすのは至難の技かと・・・・

そこで、再度、「料理は科学」から検証です。
90cc=90cc×1000mm3=9000mm3
40cmのクレープパンの面積は200×200×π=約125600mm2

と言うことは、90ccの生地の素で40cmのクレープを作ろうとした場合、厚さは・・・・・0.7mm強。

仮に、焼くことによって生地が膨らむとしても・・・・・・・
クレープの生地って、こんなに薄かったでしたっけ?

この薄さに仕上げるとなると、だいぶ生地の素の滑りがいいことと、クレープパンの温度の微調整が必要かと思います。
この薄さだと端のほうが薄すぎてパリパリになってしまいます。

ふわふわとか、モチモチとか以前の問題です。

とりあえず、生地厚1mm以下を目指して頑張ります!!

料理奮戦記・40cmクレープパン続編です

先日、はじめましてのコメントを頂きちょっとウレシイわたくしでございます。

さて、昨日ご紹介いたしましたクレープパンですが、写のアップがまだでしたので、ただいまアップいたします。

これです。
110125 40cm クレープ鉄板_02

わたくしの家のガステーブルと比べていただくと判るのですが、とてつもなく大きいです。

まず、クレープパンを下処理として空焼きしたのですが、うまくいきません(笑)
鉄製フライパンなどの炭素皮膜と言いましたっけ????・・・・・黒鉄色にまで焼き入れをしたいのですが、自宅の家庭用コンロでは周囲まで熱が届きません。

ちょうどアップした写で見ていただくと判ると思うのですが、クレープパンの色が黒くなっている範囲くらいのところまでしか熱が来ないのか!!!???

普通のフライパンの焼入れであれば、取っ手を持って位置をずらしてバーナーの火力の強いところに焼きの入って無いところを当てればいいのですが、このクレープパンの重量は約10kg。

何で掴んだらいいのか!?トング?鍋つかみ??? 掴んでずらして、熱くて持ち堪えられない時には周囲にどんな危険が及ぶのか!?
などなど・・・・・とてもずらす勇気がありませんでした。

んじゃ、鉄板がそれだけ蓄熱されればいいんだから(夏の暑い日、気温は35度でも外に置いてある車のボディーはそれをはるかに超える温度まで上昇している原理。停車中の車の室内も同様)そこまで頑張ればいいじゃん。

と言う話なのですが・・・・・・

なんか周囲から部分的に金属が熱膨張しているような「カキン!!カキン!!」と言う音が聞こえてきたので、それ以上続ける勇気がありませんでした。なはは

なにか、方法考えます。ん~・・・これも一つの脳トレかぁ!!(笑)

110125_40cm_クレープ鉄板01

そして今回のクレープは、コロッケクレープ。

具のコロッケをハート型に並べて・・・・・ん!!ちょっとハートが離れてる・・・???(笑)

110125_コロッケクレープ_01

ソースをふんだんにかけて食べました。


料理奮戦記・物ばっかり増えると言われつつ・・・・・編

こんにちは、いい天気です。

部屋から天気だけを見ていると、絶好のバイク日和です。
しかし、気温はまだまだバイクに乗る温度ではないような・・・・・(笑)

へなちょこライダーのわたくしは、「暑くても寒くてもダメ!!」です。なはは

と言うことで今回、業務用のクレープ用鉄板を購入いたしました。

昨日の夜は鉄板の焼入れをいたしました。

そして昨日は、スタジオに携帯を忘れていってしまったので、写はありません。
後でアップいたします。

では!!

1月23日 競技会・もも先生司会編

昨日は、錦糸町のマルイの8階にある墨田産業会館で競技会がありました。

1月23日(日)_今日競技会タイトル01


ラテン、スタンダードを合わせ、出場組総数は約500組でした。
午後からのスタンダードの競技会の時には、会場はギュウギュウ詰めでした。

競技会では、皆さんとてもハツラツと踊っていらっしゃいましたよ。

1月23日_ダンス風景_01


昨日の競技会ではジュビナィルとジュニアセクションの競技会もありましたが、日本のちびっ子のレベルがとても上がっていると感じました。

海外のレベルに追いつけ!負い越せ!!の勢いを感じました。

そして、わたくしは出場者受付の係りを仰せつかりました。
出場組数が多く、殺伐とした状態になることもありましたが、何とかこなしました。
途中ちょっとしたトラブルもありましたが・・・・・・

そんな中、好評だったのがもも先生の司会。(笑)

いろいろな先生からお褒めのお言葉を頂き、わたくしも鼻高々。
「滑舌がいい」
「聞き取りやすい」
「やさしくて耳に和む声だ」
「うまい。以前からこういう仕事をしていたのか?」
などなど・・・・・・

普段、あまりお話をしない先生からもお声をかけていただきました。

わたくしも競技フロアーから外れた受付のところで聞いていたのですが、確かに、そつなく、あわてず、穏やかな声でマイクに語りかけてるように聞こえました。

進行・司会・役員席のスピーカー側から見て、一番右側に座っているのがもも先生です。

1月23日_司会席のモモちゃん1622_01

原稿に目を通すもも先生を、スピーカーの陰から隠し撮り(笑)

1月23日_司会席のモモちゃん21529_01


こんなたくさんの方に褒められて・・・・・
もも先生よかったですね。(笑)


料理奮戦記・またまたクレープ編

おはようございます。
このところいい天気でうれしいです。

今年は例年より寒いと言うことですが、数年前まではもっと寒かった気がします。
現に、以前はお正月前に車のタイヤをスタッドレスに履き替えていましたが、最近は、ずうっとノーマルタイヤのままです。
これから考えても、昔より冬が暖かくなっているような気がするのですが、如何でしょうか???

さて、わたくしの趣味であります、お料理ですが、最近毎日のようにクレープ生地を作っております。
目指しているのは、もちフワの生地で8枚重ねて1cmの厚さ。
あまり厚いと食感が重い気がするのと、中に具を包んでも破れない弾力です。

そこで試作したのが、片栗粉入り生地です。
小麦粉75%、片栗粉25%で作ってみました。
焼き上がりは、なかなかきれいに出来ました。生地に弾力はあるのですが、厚みが相当出てしまいました。

今回は、カプレーゼのクレープです。

110120_2300_01.jpg

レタス、トマト、モッツァレラチーズ、スイートバジルが具です。

お味は・・・・・・・・・・イマイチ!!!

これ、相性があまりよくない感じですね。
味のパンチがないというか・・・・・
やはりこの具材だとドレッシングが必要です。クリーミーかイタリアンな・・・
実は、わたくしはモッツァレラチーズ自体あまり好んで食べないので、その好きずき感も相俟っているのかもしれません。

もも先生の講評は・・・・・
「これってクレープ生地に包む意味わかんない。カプレーゼはそのまま食べたいよねぇ~」
だそうです。

そして、片栗25%入り生地なのですが、温かいうちはモチモチ感があるのですが、冷えるととたんにパサパサになります。ちょうどお餅と似たような性質。
冷えた生地は、本当に干乾びたお餅のようなパサパサ感です。

25%は入れすぎなのでしょうか?

次の試作品に挑戦です。


カフェ散策記・ハシゴ編

さて、続編です。
ハシゴした先は、一軒目からそれほど離れてない所にありました。

チョッとリゾート地のカフェみたいな感じで、落ち着いた雰囲気とBGMでいい感じです。

先ほどのお店よりずいぶん落ち着いた雰囲気です。外側から見た感じより、奥にテーブルがたくさんあり、緑も多くてわたくし的にグッドです。

わたくしはランチパスタを選びました。

アンチョビ&クリームソースパスタで、麺はパスタ、ペンネ、フィットチーネの3つから選べます。
この麺が選べるところが超ポイント高いと思いました。

わたくし、ペンネもフィットチーネも大好きです。
こんな最高のチョイスが出来ろお店だったら、たぶんわたくしの場合、ミート系かチーズ系のソースならペンネ。クリーム系ならフィットチーネ。塩系なら普通の麺・・・いわゆるパスタを頼みます。

で、フィットチーネをチョイスいたしました。

お味は?



わたくしの祖母が生きている時に作ってくれたきしめんよりも柔らかい麺、そして2箇所くらいは麺がほぐれていないままの状態でくっついていて超アルデンテ。

店員さんも内装も全体的にいい感じなだけに、チョッと残念でした。

ここら辺のカフェは味よりも雰囲気が売り物なのかなぁ~?と言う感想を抱いた今回の散策記でした。

それでは!!



日曜のカフェ散策記

日曜日に表参道の辺りのカフェ散策と言うことで、行ってまいりました。

家を出発したのが12時くらいでしたので、表参道駅に着いたのが1時位でしたでしょうか?
もも先生は、3時から南青山にあるフラメンコスタジオで練習があるとの事で、あまり時間がありません。

根津美術館の辺りをぐるっと一周した後、なんとなくお客さんの入ってる感じのカフェに行ってみました。
雰囲気は混みっとしていてスペインのバル風。

もも先生のランチプレート1,575円です。
プレートにサーモンソテーとグリルドチキンと葉物野菜。コーヒー、スープ、ライスorパン 付き。

わたくしはピッツァプレート1,050円です。
マルゲリータのピッツァでした。

まぁ、言わば・・・・「特にコメントはありません」と言ったところでした。
なぜ、この値段でこんなに混んでるんだろう?
と思いました。

もも先生は、そろそろタイムアップと言う時間になったので、わたくし一人でもう一軒ハシゴすることにいたしました。

なはは!!




脳の活性、身体の活性 ホントかな???

こんにちは。
先日えらそうに、次回のテーマは、脳や身体の活性なんて言ってしまいましたが、実のところはどんなものなんでしょう?

ということで、よく言われるのは『刺激』を与えることだそうです。
最近流行の脳トレゲームみたいのはとても脳の刺激にいいそうです。

簡単なのでは数字の羅列を数秒間で記憶して何桁まで間違えずに覚えれるかとか・・・・
記憶する能力というのは、脳の活性にとても効果があると言うことです。

そういう意味では、ピアノなどは楽譜を覚え指先を動かすので、とてもいい脳トレと言えるのではないでしょうか?

前に聞いた話の聞きかじりですが、どこかの老人ホームでは麻雀をみんなでするそうです。
この麻雀の役を覚えたり、点数を計算したり、自分や相手の出した牌を記憶したり、相手がどんな役を作っているか創造したりすることが、とても脳の活性に役立っているそうです。

その点で、社交ダンスもステップを覚えたり相手のリードを察知して感じ取ったり、とてもいい脳トレーニングですね。

ちゃんちゃん(笑)

日常会話・否奮戦記

昨日、生徒さんとのレッスンの途中で、脳の活性化やコンセントレーション、体力の衰えなどの話になりました。

生徒さんが見たテレビ番組では、歩きながら脳トレーニングをすると、普通に座ってするよりも脳トレーニングの効果があがるとのことでした。

黄色い色のものを10個言ってごらんとか、手偏の付く漢字10個言ってごらんなどの問題を回答する時に効果があるのだそうで・・・・

そこでわたくしが

「だから二宮金次郎は頭が良かったのかぁ~」

と言うと、その生徒さんが

「そんなことより、今日、すごい不思議な光景見ちゃった。」

と、やや真剣な面持ちで・・・・

「今日ね、この下歩いてたらおじいちゃんが犬を背負ってたのよ。それも小型犬と言うには大きいむしろ中型の上って感じの大きな犬」

「えっ!?またなんで?」

「知らないわよ。おじいさんのほうは足元が弱々しくて、犬はすこぶる元気でニコニコしてるように見えちゃって、それがすごい気になって話しかけたかったんだけど、なんて声掛けていいのか判んなくて・・・」

との事でした。ぜひ声を掛けていただき、真相を聞いて欲しかったです。(笑)

そんなことで、次回は脳の活性と刺激、そして社交ダンスの有効性についての否奮戦記をお伝えしたいと思います。

おやすみなさい。

あっ、明日は日中、もも先生と都内のカフェ散策する予定です。
多分、原宿・・・青山あたりです。

料理奮戦記・久々のクレープ編

じつは、ブログにはアップしていないのですが、最近たびたび密かにクレープ作っていました。

具材はほとんど野菜系のクレープです。
この前はシゲ師匠の家に持って行ったんですよ。
その時に持っていったのが、チョリソソーセージ入りのクレープとコロッケ入りクレープ。

チョリソのほうは、粒マスタードを入れたのですが・・・・・
「味がねぇ、中にマヨネーズ入れたらちょうどいい味になったよ」
といわれました。

コロッケのほうは・・・・
「ありゃうまい。ボリューム満点で味もンマい!!」
とお褒めのお言葉を頂きました。

そして、今回の具材は『ハッシュポテト』です。

ハッシュポテトクレープ

中身は、ハッシュポテト・チーズ・パストラミハム・サニーレタスです。
そして、チョッと一工夫のケチャップソース。

お味は・・・・・美味しかったです。好みにもよりますが、チョッと口の中にまとわり付くねちょねちょ感が、食べ応え満足感をプラスしているかも・・・・・(笑)

わたくしはコロッケのほうが美味しいと思うのですが、もも先生は油の少ない感じや、さくっと感でハッシュポテトのほうがいいといっておりました。

二個のハッシュポテト入りクレープの後ろにある具の入って無い様に見えるクレープは、ゆずマーマレード(自作)のクレープと、浜松で有名な蜂蜜マーガリンと言うものを内側に塗っただけのクレープです。

そしてその後ろのが、写真撮り終わるまで「食べるのオアズケ!!」状態で我慢しているもも先生です。 (笑)


イングリッシュ奮戦記・カモーン

なんか、今年のわたくしどものスタジオは、今日から本格始動といった感じでした。(笑)

そして生徒さんのレッスンをしていると、外人の方がスタジオにドアの前に・・・・
気配に気づき、わたくしがドアを開けるとダンスのレッスンを受けてみたいと・・・・

「あっ、どーぞ。プリーズ」
全然英語になっていないわたくしの応対。

「This is 社・・・社交・・・Ballroom dance sutudio you know ?」
と、頑張って会話をしようとするわたくし。

「はい!」
聞いただけで流暢そうな英語イントネーションではない日本語が・・・・

「きゃ、きゃ・・Can you speak japanese ?」

「Yes may be no problem」
本物の英語のお答えが・・・・・

「ふぇ、ふぇぁ・・・国はどこですかぁ
全然英語じゃない英語イントネーションのわたくしの日本語(汗)

「United States」
え、英語だ!!

「How have はぶ・・・・・何年くらい日本に?」
と、質問した私に・・・

「もう十年以上は・・・・
と、とても流暢な日本語でした。

「あっ、そうですか」(赤面)

こう言う時です。
『あぁ、英語が話せたらかっこいいなぁ~』
と、つくづく思う瞬間は・・・・


成人の日

ですね。

でも、北野駅周辺で見た着物の着られていた方は、ほんの5人でした。

とほほ・・・・

初火入れ

今年初めてのバイクのエンジン始動です。

110109_1145_01.jpg


行った先は・・・・・・畑です。(笑)
先日既に行って、畑を耕し整地いたしましたが、今日は再度耕し土を柔らかくして畝を作ろうと思い、畑に行きました。

110104_1240_01.jpg


シゲ師匠がおっしゃるには、畝は新たに種を植える時に作ればいいから、軽く耕しておく程度でいいよとの事でした。でも、深めに耕したほうがいいとの事で・・・・(笑)

2月の中旬に今年第1番目の植え付けをするのは、じゃがいもです。





カントリーウェスタンダンス

今日で松の内も終わり、本格的な2011年の始動と言ったところでしょうか?

今年のわたくしの新たな始動として、カントリーウェスタンダンスとの取り組みに挑戦してみたいと思っております。

そこで今回、わたくしのスタジオを利用してくださり、カントリーウェスタンダンスのインストラクターであるジャクソン優子さんのバックアップを受け、カントリーダンスのワークショップを開催することとなりました。

カントリーウェスタンダンスとは何ぞや!?と思われる方もいらっしゃる事と思います。
わたくしの興味を抱いた点などからわかる範囲で簡単に説明させていただきますと・・・・・

まず、発祥はアメリカ南部です。(笑・当然と言えば当然???)
南部のウェスタンパブで、みんなで飲んで歌って踊って・・・・・
その踊りの部分から体系化されて、一つのカントリーウェスタンダンスと言うジャンルが出来上がったそうです。

わたくしが、とても面白いと思って興味を抱いた一つ事なのですが、このダンスには大別すると二つのカテゴリーがあることです。

ひとつは「ラインダンス」と呼ばれるもの。もう一つは「カップルダンス」と呼ばれるもの。

「ラインダンス」というのは、各々が個々に、曲に合わせて同じ振り付けの踊りを踊ると言うものです。
要はフォークダンスやパラパラみたいなものです。
決まった曲に決まった振り付けがあるみたいで、それをみんなで踊ります。
その曲とそれにあわせた振り付けが何百とあるそうで、それをアメリカの体育館くらいの広さのあるダンスパブでみんなで踊っている風景は圧巻だそうです。
(一昔前の日本のクラブとか言うところで、扇子もって踊っていたそれと同様????

そしてもうひとつの「カップルダンス」というのは、わたくしの専門でありますBallroomを手本として作られた二人で踊るペアのダンスです。

どちらもそれなりに、カントリーミュージックやネィティブなカントリーダンスに沿った味付けになっております。

そして、もう一つ面白いと思ったのは、以前にもお伝えいたしましたが、男性がウェスタンハット(テンガロンハット)をかぶって踊ること。男女ともウェスタンブーツ(当然ダンス用な仕様になっているそうですが)を履いて踊ることです。

今回、わたくしがワークショップを担当させていただくのは、「カップルダンス」の中の2Stepと言う種目です。
基本的には「S・S・Q・Q」のカウントに合わせフロアーを半時計方向に移動しながら踊るダンスです。
ちょうど社交ダンスで言うところの「サンバ」に近いかもしれません。

もしご興味のおありの方は、この機会にぜひご参加いただければ幸いです。


日時 : 2011年 2月 12日 (土) 18:00~19:30

場所 :調布たづくり第一創作室 京王線調布駅南口徒歩3分 042-441-6111

会費 :2,000円 (会場使用料含む)

インストラクター :わたくし

企画立案・協賛 :ジャクソン優子

参加ご希望の方は、わたくしまでご連絡お願い致します。

参加希望・お問い合わせ等、何なりとコメント欄にもしくはメールくださいますようお願い致します。

では!!





仕事始め

さぁ、今日から仕事始めです。

みなさんは今年の目標を立てましたか?
目標を立てても、なかなか目標どおりに事が進まないのが現実かもしれませんが、今年がさらによい年になるように期待して前向きに行きたいですね。

では、前回に引き続き浜松の初詣のご紹介と言いますか、お寺のご紹介です。

もうひとつの築山御前にゆかりのあるお寺です。
「宗源院」と言います。

宗源院_01

宗源院_02

先日ご紹介した「西来院」も「院」と言うお寺です。
このことから、どちらのお寺も奥方(女性)のために建立されたお寺と言うことが判ります。

敷地も広いのですが、静かなたたずまいで閑静なところです。
小鳥のさえずりも聞こえ、まさに禅の言うところの『鳥啼山更幽』です。

そして、例年通り近所の「山神社」と言うところと市内にある「五社神社」に初詣に行きました。

山神社

山神社_01

山神社_02

五社神社

五社神社_01


去年はあまり本を読まなかったので、今年はいろいろな本を読んでみたいと思っております。
今読んでるのが経済の本と自己啓発の本です。

経済の本というのはあまり読んだ事が無かったので、お正月の暇な時にでもと思って買ってみましたが、呼んでみるとなかなか面白く、ただ今常に持ち歩いております。(笑)

そういえば、去年の暮れあたりに読んでいた本にも今読んでる本にも松下幸之助さんがとりあげられていました。

と言うことで、次に読むのは松下幸之助さんの本かな?
ん?ちょっと松下幸之助さんに興味を抱くのが遅いですか?なはは!!


帰京

昨日の午前11時過ぎくらいに帰京いたしました。
昨日は、朝6時過ぎに浜松を出発いたしました。

ペーストしては、いつもより2時間くらい余計に時間が掛かりました。

途中で渋滞が結構ありました。こんなに早い時間から渋滞が始まっているのかとびっくりいたしましたが、自然渋滞が2箇所と事故渋滞が3箇所でありまして、そのうちの2箇所ではまだ事故で大破した車を、目の当たりにいたしました。

このお正月は、ほとんど飲んでいるだけのお正月でしたが、いつものように、もも先生の実家とわたくしの実家のお墓参りと初詣には行きました。

そして、わたくしの実家の近くには徳川家ゆかりのお墓が多く、特に家康の正室の築山御前関連の寺院が多いので、子供のころによく遊びに来ていたそれらのお寺を、数十年ぶりに散策してみました。

そんな関係で、わたくしの家の周りには「御前谷」とか「太刀洗の池」とか由縁の地が数多くあります。
まずは、築山御前のお墓のある「西来院」と言うところに行きました。

110101_1157_02.jpg

110101_1156_01.jpg






ただいま2011 a.m.0:15

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。なう(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。