スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パソコン奮戦記・最終話

長々した話で申し訳ありません。

さて、7月19日に発送ということになっておりましたわたくしのパソコンですが、そのあと再度、疎二位のカスタマーセンターから電話があったのです。内容は・・・・・

「最終検査の結果、もう一箇所に不具合が見つかりまして、Felica のIC 読み込み部が不良でして・・・」

「あのぉ・・・・フェリカだかカリタだか知らないけど、そんなもの使った事もないし、使うつもりもないんでこれ以上お金賭けて修理する気も無いし、そこの部分は修理しないでそのまま返してください!!大体あとからここに不具合がありましたとか言うのってドロボーに追い銭みたいじゃないですか!!」

「いえ、この部分につきましては、弊社の修理見積もり後に確認された故障箇所ですので、無償にて新しい部品との交換とさせていただきます。ご了承いただけますでしょうか?」

「えっ? 無償なの?んじゃ、いいです。交換してください

「はい、ではご了承いただけたとの事で、修理のご依頼を承りました。つきましては、ご返却予定日が当初の7月19日から最速7月22日の午前中となりますので、その点もご了承いただきますようお願い致します」

「にゃ、にゃにぃぃぃぃ~

ということで、わたくしのパソコンは約3週間ぶりに手元に戻ってきたのでありました。
外枠のパームレストが新品になると、パソコンそのものが新品のように見えますよ。

そして、交換した部品がこちら

パソコンオーバーホール01

写真上側がパームレストと呼ばれる部分。下側がパソコンの冷却ファンです。

スポンサーサイト

パソコン奮戦記・やっと戻ってきたよ編 part2

昨日のブログを読み返してみたら、なにやら判りにくい文章ですなぁ~(笑)

パソコンの内部オーバーホール「今ならキャンペーン価格!!8,400円が6,300円」というメーカーのウェブサイトを見て、診断カルテというものを書いてオーバーホールを申し込んでみました。

わたくしのパソコンは疎二位というメーカーの製品ですが、数日後メーカーから連絡があり、
「冷却ファンの部品交換の必要があります。それとキーボードの枠の部分にあたるパームレストという部品にガタがきています。両方直すと部品代約8,500円と交換工賃約17,000円で計27,000円です。」
みたいな感じでした。

パームレストのガタつきというのは自分でも気付いていなかったので、「それはいいです」ときっぱり言いました。
すると「この部品のガタつきは表面インジケータやキーボードタッチパッドなど周辺の部品に悪影響を及ぼすので交換をお奨めします」ということでした。

身に覚えがないのですが、パソコンを人質に取られているようなものなので、「じゃあ判りました。直してください!!でも、当初の予算の4.5倍もかかるなんて思ってもいなかったので、安くなりませんか?」
と言ってみました。
「そ、それは無理です。しかし診断カルテに記載のカードで分割には変更できます。」
との返事が返ってきました。
「あっそうですか?じゃあ4.5回払いで!!」
と言うと・・・・・・
「そ、それもちょっと設定がありませんので、一回、二回、三回、五回・・・・・とありますが・・・・」
「じゃ、三回払いで!!」
「解りました。では火曜日の発送となりますので、そちらへのお届けは翌水曜日となります。お届け時間のご指定はございますか?」
「えっ!?そんな早く着くんですか?じゃあ、14時から16時で!!」
「あっ、あのぉ~・・・・月曜日が祝日ですので火曜日の発送と言うことで・・・・」
「なっ、なにぃ~!!再来週の火曜日?」
「はい!!」(きっぱり!!)
と言うことで、約2週間パソコンは手元から離れることに・・・・
そして、その1週間後くらいに疎二位のカスタマーセンターから電話が
「お客様のカードは分割決済が出来ない設定になっておりますので、1回払いでお願い致します」
「にゃ、にゃにぃぃぃ~!!??」
とほほ、でした。

そしてさらに!!! 次回へ続く・・・・・

パソコン奮戦記・やっと戻ってきたよ編

わたくしのブログの数少ない読者の皆様、お待ちどうさまでした。

やっとパソコンが手元に戻ってきました。
話せば長くなる事ながら・・・・・・

まず、パソコン内部からの異音。
これが気になっていたのはもうかれこれ1年以上前からですが・・・・・

最初はハードディスクが壊れたのかと思い、近所のパソコン修理屋さんにもって行きました。
すると検査費用ということで8,400円かかりました。
すると、
「ハードディスクは問題ないけれど、多分冷却ファンがもうガタがきているんでしょう」
ということでした。
ただし、冷却ファンを取り替えるとなるとノートブックのパソコンの場合は、それ専用に作られたファンに交換しなくてはならなく、メーカーからの取り寄せとなり費用が8万円くらいかかると告げられました。

8万円出せば、今となれば当時最高スペックのわたくしのパソコンより高スペックのパソコンが新品で購入できるくらいの出費です。
一応内部のオーバーホール費用ということで8,400円かかりましたが、更なる高額出費はとりあえず見合わせ、ここまで着ました。

最近は、「もうだめ!!勘弁してぇ~」と言わんばかりの異音が常にするような状態となってしまいました。

と、今日はここまでで勘弁してくださいまし。
なれないパソコン入力で疲れました。

あしたはすみだ産業会館に競技会の役員として8時入りです。
遅くとも6時50分北野発の京王線に乗らないと遅刻です。

5時にはおきます!!
では、お休みなさいませ。

パソコン奮戦記

只今パソコンの調子が悪く、ドッグ入りしております。

しばらくお待ちください。

トラの尾

ところでパソコンなんですが、なんとなく調子が悪い感じがする時ってありません?
そのときは電源コンセントをはずし、4~5分ほど放置した後再起動するといいそうです。
なんかこれを「パソコンの放電」と言うそうです。

ノート型の場合は、バッテリーの取り外しもお忘れなく!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。