スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お年頃・・・

去年の秋ごろ、膀胱の上あたりに違和感を感じ、なんとなく尿意にも違和感がありました。

インターネットで調べて、近辺の腎クリニックに診察を受けに行きました。
すると、その先生いわく
「うん、これは筋肉痛だよ。シップと鎮痛剤で直るよ。処方するかい?」

「えっ、筋肉痛?尿意に違和感を感じるんですよ!?」

色々問診の結果、慢性前立腺肥大とのことでした。
しかし、薬の処方はなく2週間ほど様子を見てみました。

あまり症状が変わらないので、意を決し他の病院に行ってみることにしました。

すると、そこの医師は
「何で慢性前立腺肥大で薬処方されないわけ?」
と、ビックリしながら触診後、抗生物質を処方してくれました。

その後の診察で漢方を処方してくれました。

結構、長期で服用し、気長に体質改善をする方がいいということで、いただいた薬。

作用、薬効のところに以下のような説明書きがありました。


【働き】
八味地黄丸(ハチミジオウガン)という漢方剤です。体の弱った機能をおぎない元気をつけます。ことに、足腰や泌尿生殖器など下半身の衰えに最適です。

一般的に高齢の人に用いることが多く、体力が低下し、顔色もすぐれず、冷えをともなうときに向きます。「臍下不仁(さいかふじん)」といって、オヘソから下の下腹部がフニャフニャと力がないことも使用目安です。

具体的には、足腰の痛みやしびれ、腎機能低下にともなう夜間頻尿、性機能低下、乾燥肌のカユミや湿疹などに用います。また、そのような症状をともなう前立腺肥大症や糖尿病にも適応します。


こっ、高齢

なんか、わたくしもそんなお年頃なのかと、少々凹んでいる今日この頃です。
スポンサーサイト


コメント
nobu 先生 コンニチワ。大変でしたね。年長者(先生より年が上というだけの意味!)としては、凹まれたお気持ちお察しできます。しかし、こ、こうれい・・と言うなかれ。自分の年齢から逃げる人より、早めにしっかり認識できる人の方が若さをずっと保ち続けることができる、と最近読んだ本に書いてありましたよん(^^)/ もっともnobu先生がそんなことをお考えになるにはまだまだ早いですけどね~。プロフィールのモモコ先生とのツーショッフォトを見ますと、お二人ともほんとにスイートでうっとり。(もっとももしこれが最近の写真なら、でのお話(^^)/)お大事にしてくださいね。
2009/02/22(日) 10:36 | URL | リッキー #-[ 編集]
どうもお労わりのメールありがとうございます。

リッキーさんは、わたくしより年長者さんなんですか!?ふ~ん・・・・笑

と、言うことでとりあえず漢方飲んでますよ(笑)

ちなみに、プロフの写真は、去年の秋ぐらいのだと思いますよ。

一年は経ってないと思います。v-414
2009/02/22(日) 18:18 | URL | のぶ #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://take4chachacha.blog94.fc2.com/tb.php/183-36be6f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。