スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トルティーヤ奮戦記

いやぁ~・・・・筋肉痛です。水曜日のヨガの練習の筋肉痛が今日ピークに達しているような気がします。
今回の練習で、ヨガの先生が荻窪のクラスから連れてきたちょっと上級クラスの生徒さんが、凄いんです。(笑)
何でも、新体操をやっていたらしくて、後屈(後ろに反る)と自分の後頭部とお尻がついてしまうんです。

いやぁ~、これにはびっくりしました。これだけ柔らかいのはトレーニングで何とかなるものではないでしょう。多分、元々柔らかい身体を持っているのでしょう。
以前、シルク・ド・ソレイユを観に行った時にこう言うパフォーマンスを見たのですが、ほとんど同じ感じです。
本当にびっくりでした。

さて、昨晩といいますか、今朝といいますか・・・・・時間にすると、本日のA.M.3:00くらいにトルティーヤ作りに再挑戦いたしました。
今回は、生地作りのときの水の量をちょっと多めにしました。そして、生地を伸ばす時にサランラップを使い、生地がくっつかない様に工夫しました。

結果は、前回作よりはまともでしたが、自分としてはまだ満足のいく出来ではありません。
何が大変かといいますと、まず均一に薄く延ばすことと、生地を丸く拡げる事。
これがなかなか大変です。

それと、ちょっと思ったのですが、トルティーヤの生地って粉と水を混ぜたあと、もしかしたら生地を捏ねるのではないでしょうか?

前回は水と粉を混ぜただけで、全然捏ねませんでした。今回は少し捏ねてみました。
この作業の差が、焼いた後の生地の柔らかさに反映されるのではないでしょうか?
と言うのも、前回は焼き上がりがパリパリの小麦粉せんべい状態。今回は柔らか味のある焼き上がり。

レシピには捏ねるって書いてあったのか定かではないのですが、次回はもうちょっと捏ね時間を増やしてみたいと思います。

それでは、次回の作品をお楽しみに!!
※うまく出来上がった時のみ写をアップいたします。(笑)
スポンサーサイト


コメント
この間、トルティーヤの生地にベーキングパウダーを入れると良いですってコメントしたのですが…ベーキングパウダーはアルカリ性と酸性を混合させた物で水を加えると化学変化を起こし、二酸化炭素が発生します。生地に二酸化炭素の気泡が出来て柔らかい生地が出来る。という感じです(^_^)打ち粉を多くして試してみて下さい。
2010/04/25(日) 11:53 | URL | 新米まま #-[ 編集]
二酸化炭素の発泡で生地を柔らかくするのですか。勉強になりました。ありがとうございました。
2010/04/26(月) 01:54 | URL | のぶ #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://take4chachacha.blog94.fc2.com/tb.php/502-ef04bcff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。