スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ユーザー車検奮戦記・無事終了編

昨日は、とある方面からホンダのツインリングもてぎと言いまして、栃木県茂木にあるレーシングコースとアトラクション施設が一緒になっているところの優待券を頂きましたので、遊びに行って来ました。

その報告はまたあとにして・・・・今回はユーザー車検の後半です。
と言うのも、わたくしのブログにコメントをくださる方から「ユーザー車検って何だ?」と言うお問い合わせがありまして、簡単にご説明を・・・・・と思いまして。

ユーザー車検と言うのは、車やバイクの所有者本人が車検場で自分のバイクや車を持って行って検査を受けることです。
車検は一般的には、ディーラーや修理工場、カーショップ、ガソリンスタンドなどで車両整備検査(いわゆる車検と言うもの)や事前の点検整備、保険加入、書類作成などの代行をしてもらいますが、ユーザー車検は、それらを本人が行い、車両整備検査を受ける事を言います。

したがって、自分の持っている車やバイクを自分で整備点検する技術や知識と時間があれば、業者への代行手数料分だけ安く済むということです。
安く済むからやっていると言うのもあるんですが、もう一つは趣味の範疇で、好きでやっていると言うことが半々でしょうか?

ちなみに今回の経費は、自賠責保険料14,110円 検査手数料1,700円 申請書類代書代1,000円 光軸調整料(ヘッドライトの光の調整)500円 マフラーの排気騒音測定プライスレス お掃除キット1,600円

合計18,910円です。

光軸調整は民間の整備工場でやってもらいますが、値段はピンきりです。
わたくしのマフラーは社外品なので、規定値以内騒音量であるか事前に調べておく必要がありました。(しかし、ただでした・笑)

そして無事検査を終え、バイクの場合はナンバープレートに検査商標と言うものを貼り付けて完了です。 
スポンサーサイト


コメント
ご説明ありがとうございました。
ダンスだけでなく色々と特技があるんですね、すばらしいです。
私はこの間久しぶりに車を運転して、ブレーキとアクセルも怪しかったです。
2011/11/28(月) 09:35 | URL | シゲ師匠の娘 #-[ 編集]
アクセルとブレーキだけは間違えないでください。
師匠も娘さんもアクティブ感強いんですが、乗り物系では不安な一面を覗かせますね。(笑)

コメントありがとうございます。
2011/11/28(月) 10:09 | URL | のぶ #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://take4chachacha.blog94.fc2.com/tb.php/767-ed750ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。