スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハンドメイド奮戦記・お直し依頼が!!編

もも先生のスカートのレース地の張り替えが終わったと思ったら、次の依頼が!!

今度はスカートのファスナーを付け替えろと言うのです。依頼主はやはりもも先生です。

新しいのを買えば!?というと、これもまたお気に入りの廃版のものだそうです。
しかも、ファスナーの付け替えは勉強にもなるでしょ?・・・・・・・・だそうです。

そこでまた手芸屋さんに行ってファスナーと技法の調達です。(笑)

店員さん「あっ、これ?コンシールね。じゃあこの長いのを買って必要な大きさに切って使って」

のぶ「あのぉ~・・・・どーやって縫うんですか?」

店員さん「コンシール押さえって言う専用の押さえ金をミシン屋さんで買ってきて、それで押さえて『サァ~』って縫うの」

のぶ「ほう、それは簡単そうですね」

店員さん「コンシール押さえさえあれば、そんなに手間じゃないわよね」

そこでミシン屋さんに行って、わたくしの「ハスクバーナ製 エレクトロラックス・プラズマ990」用押さえ金があるかと尋ねたところ、ハスクバーナは取り扱ってないとの返答でございます。
多分、他のミシン屋さんに行っても同じ回答かと・・・
次の手段は、立川の「ユザワヤ」さんに行って取り寄せか???・・・・・
しかし、時間と手間がとてもかかります。
そこで、本屋さんに行って縫い物の本を購入し、それを読みながら普通のファスナーの取り付け方で取り付けることにいたしました。
幸い、わたくしのミシンに付属のファスナー押さえ金は付いておりましたので、コンシール用を買わなくてもよかったようです。

次回、ハンドメイド奮戦記は「コンシール交換・わたくしを襲う多難な道のり編」です。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://take4chachacha.blog94.fc2.com/tb.php/823-2e18048d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。